最近の記事
header_logo.GIF

英語・ワーキングホリデー・オーストラリア 進出ならお任せ下さい。

2018年10月26日

  「メルボルン 医療・ヘルスケア関連ビジネスミッション2018」 ┃           参加企業を募集します!!

  「メルボルン 医療・ヘルスケア関連ビジネスミッション2018」
┃           参加企業を募集します!!
┃ http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000449288.html
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃ 大阪市では、在阪中小企業の国際ビジネスを促進するため、
┃メルボルン市へビジネスミッションを派遣するとともに、メルボルン市で
┃のビジネス展開を検討している企業からの参加者を募集します。

┃期 間:平成30年12月17日(月)〜12月19日(水)
┃    ※現地集合・現地解散となります。
┃訪問地域:オーストラリア・メルボルン市
┃対 象:大阪に事業拠点を置く医療、ヘルスケア関連企業、起業家 等
┃費 用:20,000円(現地での食費、交通費、商談会参加費を含む)
┃定 員:10名程度(先着順)
┃申込み:タイトル欄記載のURLをご覧ください。
┃締 切:平成30年11月16日(金)
┃主 催:大阪市

┃問合せ:(一財)大阪国際経済振興センター(IBPC大阪)
┃     TEL:06-6615-5522  FAX:06-6615-5518
      E-mail:event@ibpcosaka.or.jp

【関連する記事】
posted by Mark at 12:05| Comment(0) | メルボルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

在豪日系企業の景況感は改善、ビザ問題が懸念材料に オーストラリア進出日系企業実態調査

在豪日系企業の景況感は改善、ビザ問題が懸念材料に
オーストラリア進出日系企業実態調査 

ジェトロは2018年3月、現地日系企業向けアンケートである
「オーストラリア進出日系企業実態調査(2017年10〜11月実施)」をまとめ、
メルボルン、パース、シドニーの3都市で結果を発表した。
在豪日系企業の景況感は大幅に改善した一方、就労ビザ制度の変更や
エネルギー政策に関して不安視する企業が多いことが明らかになった。
本稿では調査結果について報告する。 
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2018/db63eba9db67517a.html
--------------------------------------------------------------

posted by Mark at 23:59| Comment(0) | 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

オーストラリア就労ビザガイド(2017年8月)

2017年4月18日、オーストラリア連邦政府より、現行の就労ビザ(457)を段階的に厳格化し、2018年
3月には同ビザを廃止して新しい就労ビザ(Temporary Skill Shortage、TSSビザ)に切り替える
ことが発表された。今回の改正により、就労ビザの体系が大幅に変更となったことで、在豪日系企業な
らびに今後豪州に進出を考える日本企業に大きな影響をもたらす結果となった。本書は、2017年8月現在
までに連邦政府から発表された就労ビザ(457)改訂の概要と今後の予定について解説をする。

【リンク】
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/02/07001584.html

*********************

posted by Mark at 10:48| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のオーストラリアの経済情勢】【更新】 記事

https://www5.jetro.go.jp/newsletter/plb/2017/NL3901.pdf


〜オーストラリア情勢のポイント〜
•オーストラリア、「包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ(CPTPP)協定の署名合意に歓迎の意を表明
•2017年7〜9月期のGDP成長率は前期比0.6%増
•2017年11月10日、ペルーと2国間自由貿易協定(FTA)締結に合意

posted by Mark at 10:45| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

パーム油発電を考えられている企業様に グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

パーム油発電を考えられている企業様に
グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

月5000MT MAX

The specifications are as follows;
Soybean Oil for Power Generation
.Free Oil Acidity (Expressed OS Oleic Acid)
. Max Refractive Index ay40c 1.466-1.470
.Peroxide value (Meg GR/KG) 1.0 Max
.Saponification value 189-195 Iodine value 120-143
.Density at 20c. 909-925
.Appearance Clear Soap Test .005% max
.Insoluble Impurity in either .05% max volatile matter at 105c Test negative
.Mineral Oil Test negative
.Sesame Seed Oil Test Negative
.Cold Test after 24hours negative

価格等、購入に関しては、グローバル・シーに
お問い合わせください。
posted by Mark at 17:48| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:45| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

アクセスランキング(2017-11)

合計 219 91
1./index.rdf 19.2% 42 7
2.トップページ 14.6% 32 29
3.豪州の風力発電所建設で融資契約=ネクシ… 4.6% 10 10
4.ケアンズ(地図)PDF版 (712KB) 4.1% 9 8
5./index20.rdf 2.7% 6 6
6./index-4.html 2.3% 5 5
7.カテゴリ:イベント 1.8% 4 2
8.カテゴリ:ワーキングホリデー 1.8% 4 3
9.アーカイブ:2010年5月 1.4% 3 3
10.アーカイブ:2009年12月 1.4% 3 1
posted by Mark at 10:25| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪州経済の最新情報紹介


・豪州経済の最新情報紹介
資料:https://www5.jetro.go.jp/newsletter/aus/2011/NL1302.pdf

・豪州と各国とのFTA/EPA交渉状況
資料:https://www5.jetro.go.jp/newsletter/aus/2011/NL1303.pdf

・豪州の日系企業の活動状況をコンパクトに紹介
資料:https://www5.jetro.go.jp/newsletter/aus/2011/NL1304.pdf

posted by Mark at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

オーストラリア美術を楽しもう!]日豪現代作家展”Re:a Prefix” 開催中!(8/19〜28 入場無料 兵庫県立美術館) 〜兵庫・西豪州姉妹提携30周年記念〜

兵庫県と西オーストラリア州が姉妹提携締結30周年を記念して、日豪現
代作家達の交流"Re:a prefix"回顧展を兵庫県立美術館で開催しています。
両州県と関わりの深い現代テキスタイルアート作家の作品を是非お楽しみ
下さい!(※「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」も同時開催中(〜
9/25))

日 時:2011年8月19日(金)〜8月28日(日)
場 所:兵庫県立美術館3階ギャラリー
    アクセスMAP ↓
    http://www.artm.pref.hyogo.jp/access_m/index.html  (日)
    http://www.artm.pref.hyogo.jp/eng/access/index.html  (英)

主 催:Textile Exchange Project 実行委員会日本事務局
http://www.textileexchangeproject.org/index_resize_content.html
(英))
入場料:無料

※借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1107/index.html  (日)
http://www.artm.pref.hyogo.jp/eng/exhibition/index.html  (英)
posted by Mark at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[姉妹提携30周年!] 兵庫県友好代表団が西豪州を訪問しました!    (8/3-7 西豪州パース)

今年は、兵庫県と西オーストラリア州が姉妹提携を締結して30周年!
これを記念して今年3月には、西オーストラリア州よりコアラ4頭が淡路
ファームパークへ贈られました。そして8月、知事を代表とする友好代表
団等が西オーストラリア州を訪問し、さらなる交流促進に向けた共同声明
への調印やひょうごセミナーなどを行いました!
兵庫県と西豪州は、幅広い分野で友好関係を強化してまいります。

※記者会見→ http://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/g_kaiken110808.html
(日)
posted by Mark at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

オーストラリア・ビクトリア州投資セミナー農業・食品分野でのアジア・ 太平洋における新たな輸出・製造・研究拠点としての魅力」のご案内

http://www5.jetro.go.jp/newsletter/obb/20110425‾0318838.docx

オーストラリアは世界の食料供給国として確固たる地位を築いてきましたが、そ
の中でビクトリア州は、穀物、畜産品、園芸作物、乳製品などの各種農業生産が
バランスよく発達しており、これらを加工する食品加工業も発達しております。
ビクトリア州の食品輸出額はオーストラリア全体の食品輸出額の30%を占める
に至っており、また新しい機能性食品などの研究も活発になっております。

今回のセミナーでは、このようなオーストラリア・ビクトリア州の輸出・製造・
研究拠点としての魅力を皆様にご紹介します。日・豪より専門家をお招きし、
また実際にビクトリア州にて投資事業を行っておられる方々のお話もご紹介する
時間も作る予定です。

◆日 時:2011年5月16日(月) 13時30分〜16時15分 (受付開始:13時〜)

◆場 所:ジェトロ 7階 IBSCホール(東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
    http://www.jetro.go.jp/invest/ibsc/locations/ibsc_tokyo.htm

◆主 催:ビクトリア州政府駐日事務所、三菱東京UFJ銀行
     日本貿易振興機構(ジェトロ)

◆内 容:
(1)ビクトリア州の最新経済動向
(2)ビクトリア州の投資環境紹介
(3)ビクトリア州の農業、食品加工産業について
(4)ビクトリア州での機能性食品研究開発動向
  
◆参加費:無料

◆定 員:60名(定員に達し次第締め切り)

◆お申込方法:
 下記の申込用紙に必要事項を記入のうえ、FAX 03-3519-3375にてお申し込みく
 ださい。
 http://www5.jetro.go.jp/newsletter/obb/20110425‾0318838.docx

◆お問合せ先:
ビクトリア州政府駐日事務所(担当:関 敏久)
 TEL:03-3519-3372 FAX:03-3519-3375
 
posted by Mark at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする